易(えき)とは?

「易(えき)」という漢字は爬虫類(はちゅうるい)の「トカゲ」を側面から見た象形文字です。
「トカゲ」の中には、十二時虫(じゅうにじちゅう)と呼ばれ体色を1日に12回も変えるものがあり、「易」という漢字は「変化する」という意味を持つようになりました。
筮竹(ぜいちく:竹ひごのような細い竹の棒)を数えて、その数の変化によって占うことから「易」という名が与えられたようです。
以下に「易」の歴史について簡単に説明しましょう。

「易占い」は、中国の「漢」時代の儒家の経典である「易経(えききょう)」が原点です。
「易経」の中に占いの方法が記されています。
「易経」は長い年月を経て完成したものであり、中国の「周」時代の「周易」という書物の内容をベースに書き直されたものです。
ですから、3000年ほどの歴史を持つ古~い占いです。
儒教の経典には五経(易経、書経、詩経、礼記、春秋)の経書がありますが、「易経」はこの筆頭に挙げられているものです。
儒教は孔子を始祖とする思想であり、親愛の情である「仁」を根本とする思想です。
「秦」時代の始皇帝は、「焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)」といって、天下の書物を焼き儒者を穴埋めにするという暴挙を行いましたが、その中で、医薬、易経、種樹の書物だけはその難を免れました。「易経」がいかに貴重なものかを示すものです。
一言で「易経」の特徴を説明することは難しいですが、「各個人個人の頭の中には、問題解決の糸口が潜在的に存在しており、それを引き出す教え」と当方は理解しています。
街角で竹ひごを数十本束にして占っているのを見受けたことはありませんか?
それが「易占い」です。
今から150年ほど前に「高島易(たかしまえき)」が生まれましたが、これのベースとなるものは、やはり「易経」です。

「易学」は非常に抽象的である上に非常に難しい学問です。
「易占い」が他の占いに比べて支持されている理由を次のように考えます。
  1. 人間は高い問題解決能力を潜在意識の中に貯えている。
    ⇒ 何故ならば、有史以来の生命の歴史が人間の脳の深層に受け継がれている。
  2. 「易学」は潜在能力を引き出すための一つの学問である。
  3. 「易占い」は潜在能力を引き出すための一つの行為である。
「易占い」の結果は非常に抽象的な表現ですが、それを具体的にかみ砕いて受け止めることが解決への近道と考えます。
従って、問題点を明確にし、しかも具体的な状況を理解した上に、「易占い」の結果を解釈することが最も重要と考えます。
ですから、「易占い」を行う前に、以下の対応が必須と考えます。
  1. 何を占うのか?
    ⇒ 占う内容、又は問題の明確化(些細なことでも結構です)。
  2. あなたの状況や背景等
    ⇒ 日常的な事柄で、何があったのか?



メールでのご相談やご連絡は、
info@muwa.net

powered by HitArts